loooooong letter

75歳になる義父から手紙が届いた。
朝一番にPost Officeに取りに行き、待ちきれずに車の中で開封した。
久しぶりに義父の活字を見た瞬間、涙が止まらなくなってしまった。
チョウナンには、「年をとると涙もろくなるねぇ」なんて言われ(汗)。


私と息子たちへの心のこもった温かい手紙。
21枚の便せんにぎっしりなので、内容は、最近の出来事から義父の生い立ちから今までの人生のこと、子どもたちのこと、妻である義母への感謝の気持ち、
そして孫への思い、私への気遣いと労いの言葉。
ところどころに笑いを誘うフレーズ。
(きっと義父はそんなつもりはないと思うけど、笑)。
長い長い、手書きの手紙。
吸い込まれるように夢中で読んだ。
何度も涙しながら、笑いながら....。

息子たちと私の宝物になった。


失礼かもしれないが、義父は中学校の校長先生まで努めた人なのに、厳格な雰囲気もなく、まったくおちゃめで天然(笑)。
結婚前に初めて義父に会った時、料亭のおかみさんに私のことを、真顔で
「息子のファインセです」と紹介した時は、
笑いを堪えるのが大変だった(笑)。
他にも伝説は数知れず(笑)。


私を娘として温かく迎え入れて下さってから15年。
本当にありがとうございます。
いつまでも元気で長生きして下さいね。

心から。
心から、お願いします。



c0025422_1975914.jpg
[PR]
by hiyokomame-bread | 2012-01-10 19:38 | パースからの日記 | Comments(0)

This is the record of my everyday.


by hiyokomame-bread
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31